Albert Charles du Bousquet

Une promenade de l'histoire

子孫から見たアルベール シャルル デュブスケ



自己紹介

自分の写真
はじめまして。 私は、幕末にフランス軍事顧問団で 派遣されたAlbert Charles du Bousquetの曾孫です。 日本での活動をまとめ上げようとライフワークで取り組んでいます。

2011年5月14日土曜日

梅渓 昇先生


私のデュブスケに関する知識は、大阪大学名誉教授 文学博士梅渓先生の出版物から多くのことを得ました。
私の蔵書の内、先生の出版物は
「明治前期政治史の研究」未来社 1963年2月28日発行
「お雇い外国人 明治日本の脇役たち」日経新書 昭和40年
「お雇い外国人 政治・法制」鹿島出版会 昭和46年
「お雇い外交人の研究 上、下巻」青史出版 2010年

昨年秋、現在は小金井市にお住まいの梅渓先生のお宅を訪問しました。
今年は90歳になられるとか、矍鑠としてお元気でした。
今回、訪問した時先生から貴重な資料も頂けた。
私の知らなかった情報も多々あり、つくづくもっと早くから先生を知り学びたかったと思う。
デュブスケに関して先生ほど研究されてる人は知らず
曾孫として、これほど感激したことはない。
先生の研究された書を基に子孫である自分がそれを受け継ぎ
デュブスケ史をまとめなければと痛感しました。

0 件のコメント:

コメントを投稿